導入方法の比較

オフィス機器の中で、必要不可欠と言えるコピー機ですが、安く購入する方法の一つとして、中古コピー機を利用するという方法があります。新しくオフィスを立ち上げる際、オフィス機器については、一般的に新品の購入、中古品の購入、オフィス機器を専門にするリース会社を利用しての導入の3パターンが考えられます。

新品を購入する場合、それなりの額を覚悟して購入する必要がありますが、新しい商品ですので性能は文句なしです。ただし、費用面でのデメリットは大きく、また、納入にも時間がかかってしまう可能性があります。また、違う商品に買い替えたいと思った際にまた同じように高額の費用がかかってきます。リース会社を利用する場合は、初期費用は大幅に低く抑えることができますが、長期的にみるとやはり割高になることがほとんどであり、リース契約を途中で解約できないという縛りがあります。また、契約期間が終わるとその権利はリース会社にありますので、継続するのであれば、再度契約が必要になります。

中古品を購入する場合には、新品で購入するよりもはるかに安く購入することができる上に、所有権は自社にあります。中古品を導入することで得るメリットは他にもあります。

導入方法の比較